東京大神宮

東京大神宮の地図情報☜

東京大神宮について

東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)は、東京都文京区にある神社で、明治天皇を祭神とする神社です。明治維新後、皇居の造営に伴い、明治天皇の御魂を祀るために建立されました。以下に、東京大神宮の概要や特徴をご紹介します。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間 その他:授与時間:9:00~17:00
所在地 〒102-0071
東京都千代田区富士見2-4-1電話番号
交通アクセス (1)JR中央・総武線「飯田橋駅」西口より徒歩3分

(2)地下鉄有楽町線・南北線「飯田橋駅」B2a出口より徒歩5分

(3)地下鉄東西線・大江戸線「飯田橋駅」A4出口より徒歩5分

すべての基本情報を見る

神社の歴史

東京大神宮は、日本の首都・東京都文京区大塚に位置する神社で、明治天皇を祀る神社として知られています。明治6年(1873年)に創建され、明治維新後の日本の近代化を推進した明治天皇を祭神としています。以下に、東京大神宮の詳細情報をご紹介します。

東京大神宮は、1873年(明治6年)に創建された神社で、明治天皇を祀る神社として知られています。創建当初は皇居内にありましたが、後に現在の文京区大塚に移転しました。

明治維新後、日本が急速に近代化を進める中で、新政府は神仏分離令を制定し、神社と仏教寺院を分離させる政策を進めました。この際、皇居内の旧・太政大臣官舎(現在の皇居東御苑)の一部を改築して、明治天皇を祀る神社として東京大神宮を建立しました。これは、明治天皇の御魂を祀るための神社としての性格を持っていました。

東京大神宮は、明治時代から現代に至るまで、国家の安泰や皇室の繁栄を祈願する場として、多くの信仰を集めています。現在もなお、多くの参拝客や観光客が訪れ、明治時代の歴史と文化を感じることができる場所として親しまれています。

主祭神
東京大神宮の主祭神は、明治天皇(めいじてんのう)です。明治維新を成し遂げ、幕末から明治時代にかけての日本を近代化に導いた明治天皇は、日本の歴史において重要な存在とされています。東京大神宮では、明治天皇を祀ることで、その功績や徳目を称え、国家の安泰や皇室の繁栄を祈願しています。

神社の特徴と見どころ
1. 本殿:
– 本殿は、明治時代の建築様式を取り入れた重厚な造りで、格式の高さを感じさせます。外観や内部には、当時の装飾や彫刻が施されています。

  • 建築様式:本殿は、明治時代の建築様式である神明造(しんみょうづくり)と呼ばれる形式を採用しています。この様式は、神社の本殿に多く見られ、屋根が複雑で華やかな特徴があります。
  • 彫刻や装飾:本殿の外観や内部には、当時の職人によって精巧に彫刻された木造の装飾が施されています。彫刻には、神話や自然をモチーフにした美しい模様が見られます。

2. 境内:
– 境内は広く整備されており、静かな環境が漂っています。参拝客が静かに参拝する姿が見られます。

  • 広大な敷地:東京大神宮の境内は広大であり、参拝客がゆったりとした空間で神社の雰囲気を楽しむことができます。
  • 静寂な環境:境内は都心にありながら、周囲を木々に囲まれており、静かで穏やかな環境が漂っています。都会の喧騒を忘れ、心を落ち着かせることができます。

3. 神苑:
– 神苑では、四季折々の草花や木々が楽しめ、自然との調和を感じることができます。特に桜の季節には、多くの人々が訪れます。

  • 自然との調和:神苑では、四季折々の草花や木々が楽しめ、自然との調和を感じることができます。特に桜の季節には、満開の桜が美しい景観を作り出します。
  • 散策路:神苑には整備された散策路があり、訪れる人々がゆっくりと散策しながら自然を楽しむことができます。

参拝情報
– 所在地:東京都文京区大塚一丁目1番1号
– アクセス:
– 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」から徒歩約7分
– 東京メトロ有楽町線「護国寺駅」から徒歩約10分
– 拝観時間:9:00~16:30(参拝は無料)

年間行事とイベント
– 明治神宮春季大祭:4月の初めに行われる祭りで、春の訪れを祝います。
– 明治神宮秋季大祭:11月に行われる祭りで、秋の収穫を感謝し、豊作を祈願します。

東京大神宮は、明治時代の歴史と文化を感じさせる重要な神社です。明治天皇を祀る神社として、日本の歴史や文化に触れる貴重な場所となっています。

 

東京大神宮は、神楽坂の近くに位置しています。神楽坂は、東京都新宿区と千代田区にまたがる地区であり、神楽坂エリアからも比較的近い場所にあります。

東京大神宮は、明治天皇を祀る神社として創建されました。明治維新後の日本では、神仏分離令によって神社と仏教寺院が分離され、神社が国家や皇室を祀る場として整備されることとなりました。この背景から、東京大神宮は皇室に深く関連した歴史を持つ神社として位置付けられています。

神楽坂は、歴史的な町並みや文化・芸術の街として知られており、多くの観光客や地元の人々に親しまれています。東京大神宮もその周辺に位置しており、神楽坂を訪れる際には、神社を訪れる人も多いことでしょう。

神楽坂は、伝統的な街並みや風情ある建物が残るエリアとして知られており、日本の伝統文化や歴史を感じることができる場所です。東京大神宮もその歴史的な背景や格式の高さから、神楽坂の雰囲気と調和する存在と言えるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。