光明寺(東京都大田区)


光明寺(東京都大田区)の地図情報☜

光明寺(東京都大田区)について

浄土宗・山号は大金山・院号を宝幢院と称し旧本寺は京都の智恩院。行基が開創し、のちに空海が再興したと伝えられている。空海の作と伝えられる地蔵菩薩立像は安産の利益があるといわれている。境内の池は六郷用水と並んで近隣の新田開発の際の水源になったという。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒146-0091 
東京都大田区鵜の木1-23-10

電話番号

03-3750-6241

交通アクセス

(1)東急多摩川線下丸子又は鵜の木駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

光明寺は、江戸時代から昭和の時代まで、城下町の地下にあった寺です。また、昭和25年に光明寺が公開され、今日は世界遺産に登録されています。

光明寺は、長屋の中にあり、中央には十字架があり、周囲には三条大橋があります。寺の中には、御所で使われていた宝石を集めた院に入ります。

寺内には、外国人参拝客や日本人の参拝客が多く、毎年多数の新しい寺院が建てられています。

光明寺の中には、日本の絵画や陶芸などの美術品が多数展示されています。また、寺内では、毎月第2土曜日に、大きな文化祭が行われ、多くの日本人の方々が参加しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。