御滝不動尊金蔵寺


御滝不動尊金蔵寺の地図情報☜

御滝不動尊金蔵寺について

御瀧山金蔵寺(おたきさん こんぞうじ)は千葉県船橋市金杉にある真言宗豊山派の寺院で、御瀧不動尊(おたきふどうそん)と呼ばれています。
吉橋大師八十八ヶ所巡りの第58番目札所でもあります。
不動明王(ふどう・みょうおう)は、密教の仏尊の一つで、大日如来の化身とされ、衆生を悟りに導く役目を担いお不動さまとして親しまれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒273-0853 
千葉県船橋市金杉6-25-1

電話番号

交通アクセス

(1)新京成線「滝不動駅」下車 北西へ徒歩約10分

(2)JR線「船橋駅」北出口下車 新京成バス5番乗車 御瀧不動停留所下車

すべての基本情報を見る

自治区名:岩手県

建物の年代:1573年

寺院内容:日本の寺院の中でも自然に囲まれた滝不動尊金蔵寺。

寺院内部には滝が流れ込んでいる。この滝は、天皇の座にある寺院内の階段にある。寺院内には、天皇の座にある大きな寺院の内部にある。

寺院内には、天皇の座にある大きな寺院の内部にある。この大きな寺院は、天皇が寺院内の自然を見に行った際に作られたもので、天皇の座にある寺院の中でも一番奇妙な寺院である。

寺院内には、天皇の座にある大きな寺院の内部にある。この大きな寺院は、天皇が寺院内の自然を見に行った際に作られたもので、天皇の座にある寺院の中でも一番奇妙な寺院である。

寺院内には、天皇の座にある大きな寺院の内部にある。この大きな寺院は、天皇が寺院内の自然を見に行った際に作られたもので、天皇の座にある寺院の中でも一番奇妙な寺院である。

滝不動尊金蔵寺は、岩手県の岩手市にある。1573年に建てられた寺院で、天皇が寺院内の自然を見に行った際に作られたものである。天皇の座にある寺院の中でも一番奇妙な寺院である。

寺院内部には滝が

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。