聖神社


聖神社の地図情報☜

聖神社について

「銭神様」が祀られている神社。今から1300年前、日本で初めて誕生した流通貨幣が造られた由緒正しき場所なので、「銭神様」と呼ばれている。御本尊の聖神社は入母屋造りの礼拝殿が正面にあり、その奥に一間社流造りの本殿がある。社殿は、江戸中期宝永6年(1709)年から7年頃に大宮郷の工匠大曽根与兵衛によって建立されたものだという。 桃山期の遺風を残した活気と優雅さを思わせる彫刻が施されていて、「聖神社の社殿」として秩父市指定有形文化財になっている。本殿脇の和同開珎のモニュメントやその静かな佇まいが厳粛で厳かな気分にさせてくれる。

「宝くじ」などを持参すれば宮司さんが祈願もしてくださる。聖神社を参拝した足で、1300年前に実際に自然銅が採掘されたという「 和銅採掘露天掘跡」へ行ける(徒歩約15分)。たった15分でまるで別世界の自然に目が癒され、本物の鳥の歌声に耳が癒され、マイナスイオンに心も体も癒されていく。和銅採掘露天掘跡には、聖神社より大きな日本の流通貨幣の発祥の地として高さ5メートルの和同開珎モニュメントが存在する。モニュメントの脇を「銅洗堀」と呼ばれる小さな谷川が流れており、どの季節も一見の価値がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒368-0001 
埼玉県秩父市黒谷2191番地

電話番号

交通アクセス

(1)関越自動車道花園ICより国道140号を秩父方面へ約40分

(2)秩父鉄道「和銅黒谷駅」下車 徒歩5分

すべての基本情報を見る

聖神社は、東北地域にある神社です。その名の通り、聖なる神様が祝福を与えるために開かれた社です。神社内には、聖なる火の瓶と聖なる水の神様が置かれています。また、神社の前には、聖なる白い雲が広がっています。この雲は、東北地方、日本全国に広がっています。この神社は、東北地方を代表する神社となっています。

聖神社には、多くの方々がおられます。その中でも、特に子供たちにとっては、とても心強い神社です。子供たちは、この神社で聖なる水を飲んでご覧ください。そのおかげで、大切な人や友人を守り、そして自分自身を大切にしてくれるかもしれません。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。