湯島天満宮


湯島天満宮の地図情報☜

湯島天満宮について

泉鏡花の「婦系図」で知られる。梅園があり観梅者も多い。通称湯島天神の名で学問の神様として親しまれている。 徳川家康公が江戸城に入るに及び、特に崇敬すること篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷に朱印地を寄進し、もって祭祀の料にあて、泰平永き世が続き、文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉ったのである。 その後、学者・文人の参拝もたえることなく続き、林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵・新井白石などの名が見える。将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよび、この地を久しく文教の中心としていよいよ湯島天満宮を崇敬したのである。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒113-0034 
東京都文京区湯島3-30-1

電話番号

03-3836-0753

交通アクセス

(1)東京メトロ湯島駅から徒歩で2分

(2)東京メトロ上野広小路から徒歩で5分

(3)東京メトロ本郷三丁目から徒歩で8分

(4)JR御徒町駅から徒歩で8分

(5)都営地下鉄上野御徒町から徒歩で5分

(6)都バス湯島三丁目から徒歩で1分

すべての基本情報を見る

天満宮は、東北地域にある湯島天満宮。宮殿は、八重樫天皇が建てたもので、西洋時代から日本で最も美しい宮殿として知られている。東洋時代には、天皇宮に属する宮殿として有名で、湯島天満宮に移転することで、日本の宮殿として新たなる歴史を生み出した。天満宮は、大正時代には、東京都として財産を移転したが、1926年に天皇が建てたものとされる。天満宮は、国立博物館の訪問可能な宮殿で、太平洋戦争時に日本軍が湯島を占領し、戦後には、日本人の葬儀品を扱うもので、多くの人々が行っている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。