八雲氷川神社


八雲氷川神社の地図情報☜

八雲氷川神社について

「癪封じの神」として古くから認知されており、樹齢1000年のご神木は癪封じの薬とされ、円歩からの参詣人もあったほどでした。そのため、過去には境内に宿泊所が設けられていた時代もありました。
御祭神は素戔嗚命(すさのおのみこと)、櫛稲田姫命(くしなだひめ)、大国主命(おおくにぬしのみこと)。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒152-0023 
東京都目黒区八雲2-4-16

電話番号

03-3717-1601

交通アクセス

(1)東急東横線都立大学駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

とある神社では、8雲氷川が神話に登場する。そのうち、川の中にある神社が最も神話に登場しやすい。その神社が川の中から氷が溶け込んだ場所とされている。氷の中に神社があることは、そこにある神話の中で最も重要なこととなっている。その神社には、雲氷川の神々がいる。その神々は、川の中にいるだけでなく、天の中にいる。それぞれに様々な力があり、川の岸にいる人々に助けを求めている。この神社は、川の岸にある人々にとって、神々としての価値を感じさせるために、川に神々がいることを知ってもらうために設けられた神社でもある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。