雷電神社(千葉県多古町)


雷電神社(千葉県多古町)の地図情報☜

雷電神社(千葉県多古町)について

旧石成村の鎮守である。由緒について、寛文4年(1664)に書かれた「因縁記」には、大同2年(807)以来この地に鎭座していることから、村名も石成となったとある。雷を祭神とする珍しい社で、町内ではここだけである。もとよりこの村は戸数20戸ほどの村であったため、明治12年(1879)に隣村水戸村と合併して、村名を水戸村に改めた。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2247 
千葉県香取郡多古町水戸1252

電話番号

すべての基本情報を見る

雷電神社は、千葉県多古町にある神社です。雷電というのは、天の川の岸から雷を投げてくる神様で、多くの場合、神社の前に建てられています。雷電神社は、元々は天の川の岸から雷を投げてくる神様が祀られた、多くの場合、雷を放ってくる祭典を行っています。また、雷を放ってくる祭典において、お祭り直後に雷を放つ様子を写真に撮ったり、動画に撮ったりしています。

雷電神社は、元々は天の川の岸から雷を投げてくる神様が祀られた、多くの場合、雷を放ってくる祭典を行っています。また、雷を放ってくる祭典において、お祭り直後に雷を放つ様子を写真に撮ったり、動画に撮ったりしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。