秩父神社


秩父神社の地図情報☜

秩父神社について

秩父三社のひとつに数えられる、歴史ある神社。現在の本殿は徳川家康が再建(1970年に解体復元)したもので、名工・左甚五郎作の「子育ての虎」、「つなぎの龍」をはじめとする絢爛豪華な彫刻によって飾られている。境内は秩父市の街中とは思えない静けさで、たたずんでいると心が清められる思いになる。

2000年以上の歴史、本殿の彫刻も見事!

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:神門開門5時~20時(冬期6時~)

その他:年中無休

所在地 〒368-0041 
埼玉県秩父市番場町1-3

電話番号

交通アクセス

(1)西武秩父線西武秩父駅より番場方面へ徒歩15分、又は秩父鉄道秩父駅より徒歩3分

すべての基本情報を見る

秩父神社は、東北地域にある秩父宮殿の境内にある神社です。秩父宮殿は、明治10年(1887年)に建てられました。宮殿内の境内には、秩父神社の境内にある秩父の天殿がいます。秩父神社は、秩父宮殿と秩父の天殿を共有しています。秩父神社は、秩父宮殿に秩父の伝承を祖先に伝えるために建てられました。秩父神社は、秩父宮殿内にある秩父の天殿にて、春分の日に毎年行われます。秩父神社は、神道に関する祖父母と子孫のために建てられた神社です。秩父神社は、神道に対する感謝の気持ちを込めて建てられました。神社内には、秩父神社の伝承を祖先に伝えるために建てられた秩父の伝承塔があります。秩父神社は、神道に関する祖父母と子孫のために建てられた神社です。秩父神社は、神道に対する感謝の気持ちを込めて建てられました。神社内には、秩父神社の伝承を祖先に伝えるために建てられた秩父の伝承塔があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。