鹿島神宮


鹿島神宮の地図情報☜

鹿島神宮について

「息栖神社」「香取神社」と共に東国三神社に数えられる古社。皇紀元年の創建と伝えられる鹿島神宮は、ご祭神が武甕槌大神で、武の神様として古くから皇室や将軍家の崇敬を受けてきました。日本三大楼門のひとつといわれる朱塗りの楼門や、極彩色豊かな本殿など、国の重要文化財指定の社殿が複数あります。また、県の天然記念物に指定されている境内の森は、東京ドーム約15個分の広さを持ち、多くの貴重な植物が群生しています。木漏れ日の中を散策するなど、森林浴にも最適なスポットです。鹿嶋にお越しの際は、ぜひ鹿島神宮にお立ち寄りください。鹿島神宮の入口、大鳥居横では、観光ボランティア「鹿嶋ふるさとガイド」の受付もしています。ボランティアガイドの説明を聞きながら境内散策をすれば、楽しく鹿嶋の歴史を知ることができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒314-0031 
茨城県鹿嶋市宮中2306-1

電話番号

0299-82-1209

すべての基本情報を見る

鹿島神宮は、平安時代に建立された神宮で、近代を共に過ごした日本人をはじめとする多くの方々を愛する神社です。また、鹿島神宮は八王子市内にある一番古い神社で、近代においても幅広い活動を展開しています。今回は、鹿島神宮の詳しい情報を紹介します。

鹿島神宮は、平安時代に建立された神宮で、近代を共に過ごした日本人をはじめとする多くの方々を愛する神社です。また、鹿島神宮は八王子市内にある一番古い神社で、近代においても幅広い活動を展開しています。今回は、鹿島神宮の詳しい情報を紹介します。

鹿島神宮の設立は平安時代に建立され、近代を共に過ごした日本人をはじめとする多くの方々を愛する神社です。

鹿島神宮の様々な活動については、以下のサイトをご覧ください。

http://www.kashima-jinja.jp/

鹿島神宮は幅広い活動を展開しています。今回は、その中でも特に注目すべきである「特別な日」を紹介します。

特別な日とは、鹿島神宮で行われる神聖な祭典である「特別祭」です。

特別祭は平成27年4月1日に行われ、平成29年4月1日に再開されました。

特別

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。