宇都宮二荒山神社


宇都宮二荒山神社の地図情報☜

宇都宮二荒山神社について

創建は1600年前と伝わる神社で,宇都宮の始祖,豊城入彦命を祀る。今も昔も二荒山神社は宇都宮に住む人の心のよりどころ。お正月・七五三・受験祈願など、暮らしの節目ごとに多くの市民が参拝する。この神社が下野「一の宮」と呼ばれていたことから、宇都宮の地名がついたとの説がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒320-0026 
栃木県宇都宮市馬場通1丁目1番1号

電話番号

028-622-5271

交通アクセス

(1)JR宇都宮駅からバスで5分(JR宇都宮駅西口バスターミナルより市内バス乗車、「馬場町(二荒山神社前)」下車)

「馬場町(二荒山神社前)」から徒歩で

(2)東武宇都宮駅から徒歩で10分

(3)東北自動車道鹿沼ICから車で20分((注)所要時間は交通事情により変わります。(注)駐車場300台(有料))

(4)東北自動車道宇都宮ICから車で25分((注)所要時間は交通事情により変わります。(注)駐車場300台(有料))

すべての基本情報を見る

宇都宮二荒山神社は、東北地域の神社です。二荒山は、日本古神話に登場する大岩で、その上に築かれた神社です。神社の前には、通常の神社とは異なる亀裂点が存在し、その先端が水平に延びています。亀裂点には、水が入り込んでいるため、神社内では満天の星空が見えると言われています。また、神社の前には、山々が広がっています。このような環境の中で、神社に入ると、平和な心を持ち、力強い力になると言われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。