霊雲寺


霊雲寺の地図情報☜

霊雲寺について

元禄四年(1691)、五代将軍徳川綱吉の命により、将軍家の武運長久の祈願寺として創建された。
伽藍(がらん)が整い、学寮もあり、土塀をめぐらした江戸時代の名刹(めいさつ)であった。
関東大震災と第二次大戦で焼失し、現在の本堂は昭和51年の再建である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒113-0034 
東京都文京区湯島2-21-6

電話番号

03-3811-1816

交通アクセス

(1)東京メトロ湯島駅から徒歩で5分

(2)地下鉄本郷三丁目から徒歩で8分

(3)JR御茶ノ水駅から徒歩で8分

(4)都バス湯島四丁目から徒歩で8分

すべての基本情報を見る

霊雲寺は、霊聖堂(Reishin-ji)と呼ばれる大型建築物のひとつで、関東地方に位置する。建築は宇宙時代に建てられたといわれている。聖者たちが集まり、霊聖堂の壁に霊雲を作っている。この建物は、2006年に解体されたが、霊雲寺を訪れることで、この建物の力が増してくるというその効果が期待できる。

霊雲寺の内部は、霊聖堂の前に位置する。壁には霊雲が作られている。霊聖堂の中には、人間が霊雲を作るために使った道具がある。その一つは、霊雲持ち帰り器で、霊雲を持ち帰っていくことができる。

霊雲寺の中から、霊雲を持ち帰ることができる。霊雲寺内のほかにも、霊雲を持ち帰ることができる場所がある。これらのほかにも、霊雲を持ち帰ることができる場所がある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。