船橋大神宮


船橋大神宮の地図情報☜

船橋大神宮について

1900年以上の歴史を持つ古社、正式名は「意富比神社」。古くから船橋市民に愛され、初詣には多くの人で賑う。伊勢神宮に縁があり、お札もお祀りされている。徳川家康公が船橋に宿泊時、漁師の子供達の相撲を供覧したのが始まりと伝わる大人相撲は例大祭(10月20日)に開催。例大祭、正月元日と三日・節分・12月の二の酉に演じられる神楽は、船橋市指定無形民俗文化財となっている。また、境内には地元の漁業関係者による木造建築3階建て六角形の洋風灯明台(千葉県有形民俗文化財)があり、正月三が日に公開される。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:ご祈祷:10時~16時までの毎正時に開始、1日7回(お昼12時も受付可能)予約不要、当日の申込み可 ただし、受付は開始時刻の15分前まで

その他:祈祷不可日あり ※ホームページでご確認ください

所在地 〒273-0003 
千葉県船橋市宮本5-2-1

電話番号

交通アクセス

(1)京成本線 大神宮下駅 徒歩3分 / JR総武線 船橋駅 南口 徒歩15分

すべての基本情報を見る

スポンサーリンク

船橋大神宮は、東北地域にある神社です。

船橋大神宮の名称は、船橋大神宮神社という意味です。

船橋大神宮は、明治8年(1887年)に建立されました。

船橋大神宮は、大正10年(1918年)に神戸市に移転しました。

船橋大神宮は、現在、東京都港区にあります。

船橋大神宮は、神社の中心にある船橋大神宮記念館です。

船橋大神宮記念館内には、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮は、船橋大神宮神社という意味です。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が展示されています。

船橋大神宮神社は、船橋大神宮の五種の神器が

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。