宗清寺


宗清寺の地図情報☜

宗清寺について

曹洞宗のお寺で、山門前の石柱には「宗清寺通称なが寺又たつ寺と云」と刻まれています。
平成26年2月、中野区認定観光資源に認定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都中野区上高田1-27-6

電話番号

03-3361-0614

交通アクセス

(1)中央線「東中野」駅から徒歩で16分

(2)東京メトロ東西線「落合」駅から徒歩で18分

すべての基本情報を見る

スポンサーリンク

宗清寺は、東北地域の一つである。このお寺は、明治維新の時期に建立されたもので、現在も維新の時代の教えを受け継いだ。

維新の時代には、宗清寺では長唐の詩人・宗治三郎が活躍していた。その後、昭和の中になった時には、高校生や大学生などの若者たちがこのお寺に詩を書いていた。

宗清寺には、多くの聖堂があり、その中でも特に重要なのが、聖三角堂である。この聖堂は、明治維新以降には、多くの聖像を設置していた。その中でも特に重要なのが、河内寺の聖三角像である。

また、このお寺の中には、伝統的な寺院である大清水寺もある。大清水寺は、明治維新以降に、多くの聖像を設置し、その中でも特に重要なのが、高野大輔の聖杯像である。

宗清寺には、多くの観光スポットがあり、その中でも特に人気のスポットが、鎌倉天然芸術館である。この天然芸術館は、維新以降に、多くの芸術作品を収蔵していた。その中でも特に重要なのが、天皇記念碑の芸術品である。

宗清寺の聖三角堂は、建物の中に入ると、三角形の三角柱が眼帯

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。