荏原神社


荏原神社の地図情報☜

荏原神社について

■祀り神:たかおかみのかみ
■神格:水神・龍神
■神徳:祈雨・止雨・農業繁栄・夫婦和合など

・6月上旬には、勇壮な神輿の海中渡御を含む荏原神社例大祭(南の天王祭)が行われる。

・古来より雨を司る龍神として崇められた祈雨・止雨の神。また、和泉式部の夫婦仲を取り成すなど、夫婦和合のご利益もある。

・創立は和銅2年(709)往古より貴船社・天王社・貴布禰大明神・品川大明神と称していましたが、明治8年、荏原神社と改称。
『江戸名所図会』で南品川宿の最初に出てくる挿絵は貴船明神社(きふねみょうじんしゃ)(貴布祢社(きふねしゃ))で、現在の荏原神社です。

・4月30日 康平5年(1062年)源頼義、義家が奥州征伐の際に品川の海から潮水を汲んで来て禊をし、大國魂神社に戦勝を祈願した。 このことにちなみ府中大國魂神社の大祭にあたり、大國魂神社、荏原神社の神職と関係者が品川沖で海水を汲み荏原神社の神前に供え大祭の成功を祈願して持ち帰り、禊用の水とする。汐盛講がたずさわる。(品川道)

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒140-0001 
東京都品川区北品川2-30-28

電話番号

03-3471-3457

交通アクセス

(1)京浜急行新馬場駅北口から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

荏原神社は元来、荏原の地下室から流れ込んだ水が神社の基礎となった神社です。

神社内には荏原の水を使った洗礼器や水の立ち水があり、水を使った活動や祭りが行われています。

荏原神社は、東北地域にある全国約230 神社として、荏原で行われている祭りと同じように、神社内の水を使った活動が行われています。

荏原神社は、毎年1月、荏原の祭神である大神社の方々に祝福を贈るため、冬には大神社を訪れるための祭壇が立ち上がり、秋には荏原の祭神である猿神の祭壇とともに、祭りが行われます。

荏原神社は、各地で行われている祭りと同じように、建物の一部に水が入っているため、写真ではないのですが、建物の外壁に水が入っている状態が、よく見られます。

荏原神社は、入場料無料となっているため、様々な地域の皆様に荏原神社を楽しんでいただけると幸いです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。