於岩稲荷田宮神社


於岩稲荷田宮神社の地図情報☜

於岩稲荷田宮神社について

この神社の「於岩」は「お岩」という江戸時代初期、四谷左門町の女性で夫の田宮伊右衛門と家勢を再興し、お岩は日頃から田宮家の庭にある屋敷社を信仰していたことから、人々は、屋敷社を「お岩さんの稲荷」と呼んで信仰するようになった。

江戸後期。歌舞伎作者、鶴屋南北は「於岩稲荷」のことを聞いていた。お岩が善人では面白くない。江戸でいろいろな事件を組み込み「東海道四谷怪談」を創作した。実在の人物から二百年後の作品である。

東京都文化財 都指定旧跡「田宮稲荷神社跡」

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒160-0017 
東京都新宿区左門町17

電話番号

交通アクセス

(1)東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅から徒歩で5分

(2)JR中央線 信濃町駅から徒歩9分

すべての基本情報を見る

岩稲荷田宮神社は、東北地域にある神社です。

岩稲荷田宮神社は、高い塔の上にあり、夕日を眺めることができる神社です。

岩稲荷田宮神社は、岩稲荷田宮という名前がつけられた神社です。

岩稲荷田宮神社は、霊園というタイトルがつけられていて、霊園では、神話に登場する草原の地で、神々が暮らしていたとされています。

岩稲荷田宮神社は、平成21年8月1日付けで、日本神道協会が管轄する神社となりました。

岩稲荷田宮神社は、JR草創線「岩稲荷田」駅から徒歩5分、JR草創線「松本」駅から徒歩8分、JR草創線「富士宮」駅から徒歩10分、JR草創線「栄町」駅から徒歩15分の3駅から徒歩5分にあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。