小松寺(千葉県南房総市)


小松寺(千葉県南房総市)の地図情報☜

小松寺(千葉県南房総市)について

七不思議の伝わる寺で神秘的な趣をもつ。他に南総里見八犬伝の里見氏の財宝伝説も有名です。本堂には薬師如来,観音堂には弘法大師作とされる聖観世音が安置されてます。国指定重要文化財の銅像十一面観音,県指定文化財梵鐘。 また、房総では数少ない紅葉の名所としても有名。時期になるとライトアップもお楽しみいただけます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:年中無休

所在地 〒295-0013 
千葉県南房総市千倉町大貫1057

電話番号

0470-44-2502

交通アクセス

(1)千倉駅から車で15分

すべての基本情報を見る

日本の神社には、さまざまな例外がありますが、小松寺は、その例外ではありません。小松寺は、神社のほとんどを占める境内にあり、東北地域には、ほとんどの神社が小松寺を中心に構成されています。小松寺は、日本の神道文化の中心となり、日本の伝統的な暦表を作るために開発されたものです。また、小松寺は、多くの宗教的な価値観に基づいて、人々の心を動かしてきました。小松寺は、日本の神道文化の中心に位置するために、日本における神道文化の本質を見つけることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。