加蘇山神社


加蘇山神社の地図情報☜

加蘇山神社について

杉木立が影を落し深閑としている奥社まで往復約2時間。神社の下の宮脇から参道を登る途中の沢の中に寄り添うように立つ大きなカツラは栃木県の天然記念物に指定されている「千本かつら」。二株が成長して一株になったことから縁結びのご利益があるといわれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒322-0254 
栃木県鹿沼市上久我1697

電話番号

交通アクセス

(1)JR鹿沼駅からバスで50分(リーバス上久我線「石裂山」下車)

(2)東北道鹿沼ICから車で60分

(3)東武新鹿沼駅からバスで35分(リーバス上久我線「石裂山」下車)

すべての基本情報を見る

蘇山神社は、東北地域にある神社です。

蘇山神社は、元々、鴨川市にあった神社です。

鴨川市にあった神社は、1999年に東北地方太平洋沖地震により、大きな被害を受けました。

その後、蘇山神社が現在の位置になりました。

蘇山神社は、東北地域の中でも特に、震災後に復興に寄与した神社として知られています。

蘇山神社では、震災後に行われた復興活動や、震災から10年を経過した今でも、地域の人々と協働して復興を図る活動が行われています。

蘇山神社は、日曜日の朝6時から掛け持ちしています。

蘇山神社の訪問は、観光地としても人気が高く、多くの人が訪れています。

蘇山神社の情報

蘇山神社は、東北地域にある神社です。

蘇山神社は、元々、鴨川市にあった神社です。

鴨川市にあった神社は、1999年に東北地方太平洋沖地震により、大きな被害を受けました。

その後、蘇山神社が現在の位置になりました。

蘇山神社は、東北地域の中でも特に、震災後に復興に寄与した神社として知

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。