貫前神社


貫前神社の地図情報☜

貫前神社について

千年余を経た古木に包まれ、あたりは荘厳な空気が漂います。延喜式神名帳に名神大社として列せられている名社です。安閑天皇元年(531)に武神である経津主神(ふつぬしのかみ)と農耕と機織の神である比売大神(ひめおおかみ)が祀られています。

参道を下った低地に社殿がある全国的に珍しい構造で、本殿・拝殿・楼門は寛永12年(1635)3代将軍徳川家光の再建、5代将軍綱吉による大がかりな修理を経て今日に至ります。本殿・拝殿・楼門は国指定重要文化財。

また桜の季節には、鳥居へ向かう参道を覆うようにソメイヨシノが咲き誇ります。
年末年始も、たくさんの二年参りや初詣客で賑わっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:無休

所在地 〒370-2452 
群馬県富岡市一ノ宮1535

電話番号

0274-62-2009

交通アクセス

(1)上州一ノ宮駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

前神社は、北海道・東北地域の地方神社として、明治維新以降の地方神社構成に大きく貢献した神社です。昭和40年代に創建された神社で、貫徹した伝統を持つ地域の神社として、多くの方々に愛されています。

前神社は、東北地方にある特殊な地域で、地方神社としての貢献度の高さを誇ります。また、地方神社としての貢献度の高さから、地方公務員になりたい方、地方議員になりたい方、地方議員の地域政策に関する知識を持つ方々にとっても、トップクラスの価値がある神社です。

また、前神社については、地方公務員になるためのための資格として、地方公務員試験(地方公務員試験)に合格できると評価されています。地方公務員試験は、地方公務員の資格に関する最高の試験とされており、受験する方にとっては、自分の地域における治安や経済のための貢献、地方公務員になるための資格としての地域格差の拡大を目指すことができるとともに、将来の職場に応じた資格を取得できると評価されています。

とはいえ、地方公務員試験ができることで

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。