平塚八幡宮


平塚八幡宮の地図情報☜

平塚八幡宮について

神奈川県・湘南平塚市に鎮座する「平塚八幡宮」は古くは鶴峯山八幡宮と称えられ、仁徳天皇の68年、この地方を襲った大地震に苦しむ人々の様を見かねた天皇が国土安穏を祈り、應神天皇の御神霊をお祀りされたのが創祀の神社です。現在でも平塚八幡宮は、應神天皇、神功皇后、武内宿禰を御祭神に、相模國一國一社の神社として、また鎮地大神と仰がれ、数多くの方がご参拝し「大祓(茅の輪くぐり)」「ぼんぼりまつり」「八月の例大祭(夏祭り・ぼんおどり歩射神事)」などの行事や「平塚弁財天社(湘南ひらつか七福神めぐり)」などで親しまれ、「厄除」「八方除」「方位除」「七五三詣」「初宮詣」「安産祈願」「車のお祓い」などの御祈祷で崇敬者からの信頼を集めています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒254-0041 
神奈川県平塚市浅間町1-6

電話番号

交通アクセス

(1)平塚駅から徒歩で8分

(2)圏央道「寒川南」から車で10分

すべての基本情報を見る

平塚八幡宮は、関東地方に位置する八幡宮として有名です。八幡宮は、八幡島から海に向かって約5kmにあり、島の東側に位置しています。平塚八幡宮は、一般入場料は無料ですが、八幡宮内の一部の入場料が必要となります。八幡宮内には、八幡島の観光スポットとして有名な平塚山があり、山中には平塚八幡宮の真ん中の八幡宮像があります。平塚八幡宮は、夏にはローカルフェスティバルが開催され、冬には、平塚八幡宮で開かれる国際木工展に出品するなど、様々なイベントが開催されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。