龍ヶ崎観音


龍ヶ崎観音の地図情報☜

龍ヶ崎観音について

初代竜ケ崎城主、土岐胤倫が安産報恩のために建てた寺です。龍ケ崎観音の名で親しまれ、特に安産子育ての観音様として近隣の女性たちの信仰を集めています。毎年7月10日の功徳日には、「ほおづき市」が開催され、多くの参拝客でにぎわいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒301-0824 
茨城県龍ケ崎市下町2877-1

電話番号

0297-62-2373

交通アクセス

(1)関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

神戸ヶ崎観音は、東北地域で最も古い観音寺です。神戸市内にある観音寺は、平安時代に建立されたものです。その後、江戸時代には大きな修復が施され、今日では非常に良好な状態です。

ヶ崎観音は、神戸市内にある観音寺の一つです。観音寺の中には、観音像があり、観音像の前には観音寺の長堀があります。この長堀には、観音寺の伝統的な装飾品が集まっています。

観音寺の中には、観音像があり、観音像の前には観音寺の長堀があります。この長堀には、観音寺の伝統的な装飾品が集まっています。

ヶ崎観音は、神戸市内にある観音寺の一つです。観音寺の中には、観音像があり、観音像の前には観音寺の長堀があります。この長堀には、観音寺の伝統的な装飾品が集まっています。

観音寺の中には、観音像があり、観音像の前には観音寺の長堀があります。この長堀には、観音寺の伝統的な装飾品が集まっています。

ヶ崎観音には、聖書の中でも重要なキリスト教の聖地として知られています。また、ヶ崎観音は、神戸市内にある観音寺の一つです。観

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。