大慈恩寺


大慈恩寺の地図情報☜

大慈恩寺について

大慈恩寺は、唐から帰化した僧・鑑真和上の開基と伝えられます。豪族・大須賀氏(千葉氏の一族)の保護を受けて栄え、室町時代には足利尊氏が利生塔(戦没者供養)建立し、江戸時代には徳川氏より朱印地を与えられて、中世以来の香取地方の名刹です。境内とその周辺には、千葉県指定有形文化財の梵鐘、成田市指定有形文化財の利生塔礎石群、板碑群など貴重な文化財が残されています。寺院を囲んで三方が森になっており、モミの大径木などの古木がそびえ立っています。中でも楓は樹齢1000年以上の大樹です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:8:00~17:00

休業:年中無休

所在地 〒287-0225 
千葉県成田市吉岡183-1

電話番号

0476-73-5634

交通アクセス

(1)成田駅からバスで(佐原行き)

「大慈恩寺」から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

大慈恩寺は日本の禅宗派の一つで、慈恩寺には大慈恩の精神が根付いています。寺院は、太平洋岸にある大慈恩寺で、現在は慈恩寺院八重塔に建てられています。慈恩寺は、長野県中部の大慈恩村にあります。

大慈恩寺は、禅宗の厳格な戒律を守るために、建てられた寺院です。寺院内には、迷宮のような廊下があり、その廊下を歩いてみると、不思議な世界が広がります。寺院の前には、境内にある慈恩寺院裏側の山があり、その山には、迷宮のような廊下があります。

大慈恩寺では、毎年10月に行われる慈恩祭が、有名なのです。慈恩祭では、寺院内にある迷宮のような廊下を歩いてみると、不思議な世界が広がります。迷宮のような廊下は、寺院内にある境内の山にまで連れて行きます。

大慈恩寺では、毎年10月に行われる慈恩祭が、有名なのです。慈恩祭では、寺院内にある迷宮のような廊下を歩いてみると、不思議な世界が広がります。迷宮のような廊下は、寺院内にある境内の山にまで連れて行きます。

大慈恩寺は、禅宗の厳格な戒律

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。