称名寺(神奈川県鎌倉市)


称名寺(神奈川県鎌倉市)の地図情報☜

称名寺(神奈川県鎌倉市)について

阿弥陀三尊をまつる寺院で、木立に囲まれた境内は、滝の音や川のせせらぎが響く。もとは円宗寺という寺で、弘法大師が開いたと伝わる不動堂の別当を兼ねていた。その後、江戸時代に直誉蓮人が本堂を再興して現在に至っている。男滝・女滝と呼ばれる陰陽の滝のほか、石段を上ると改築した不動堂があり、境内には多数の石仏を見ることができる。
※市内寺社の新型コロナウイルス対応については、鎌倉観光公式ガイド(https://www.trip-kamakura.com/article/8265.html)よりご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8:00~17:00

所在地 〒247-0052 
神奈川県鎌倉市今泉4-5-1

電話番号

0467-45-1774

交通アクセス

(1)大船駅からバスで15分(今泉不動下車)

すべての基本情報を見る

神奈川県鎌倉市にある寺院。法華寺として有名で、昭和1930年に建てられた。参拝者は様々な国家の多数。聖母マリア教の教会としても活躍している。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。