布多天神社


布多天神社の地図情報☜

布多天神社について

延長5年(927)に制定された「延喜式」にその名を連ねる、多摩地方有数の古社で、社伝によれば第11代垂仁天皇の御代約1940年前の創建といわれています。少彦名命と菅原道真を祭神としており、神社の本殿や太閤秀吉の制札、狛犬は市の指定文化財になっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒182-0021 
東京都調布市調布ケ丘1-8-1

電話番号

042-489-0022

交通アクセス

(1)京王線調布駅から徒歩で8分

すべての基本情報を見る

平成26年(2011年)7月1日、福島県布多天神社が新築した。

布多天神社は、福島県にある最古の布多神社である布多天神社の一つである。布多天神社は、平安時代に徳川幕府が建てた神社である。

布多天神社には、大型の鳥居があり、布多天神社の看板には「布多天神社の看板」という文字がある。

布多天神社は、平安時代に徳川幕府が建てた神社である。徳川幕府は、大正時代に福島県を西部に分割し、布多天神社を建てた。

布多天神社は、平安時代に徳川幕府が建てた神社である。徳川幕府は、大正時代に福島県を西部に分割し、布多天神社を建てた。

布多天神社は、平安時代に徳川幕府が建てた神社である。徳川幕府は、大正時代に福島県を西部に分割し、布多天神社を建てた。

布多天神社は、平安時代に徳川幕府が建てた神社である。徳川幕府は、大正時代に福島県を西部に分割し、布多天神社を建てた。

布多天神社は、平安時代に徳川幕府が建てた神社である。徳川幕府は、大正時代に福島県を西部に分割し、布多天神社を

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。