龍正院(滑河観音)


龍正院(滑河観音)の地図情報☜

龍正院(滑河観音)について

龍正院 滑河観音は、本尊は十一面観世音菩薩です。龍正院は、坂東33ケ所観音霊場の第28番札所の天台宗の寺院です。平安初期の承和5年(838年)に慈覚大師の開基といわれています。延命・安産・子育ての守り本尊として知られています。境内には、しもふさ七福神の一つである毘沙門天が奉られています。仁王門、本堂並びに宝きょう印塔、夫婦松など貴重な遺品が残されています。境内はとても美しい所です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-0125 
千葉県成田市滑河1196

電話番号

0476-96-0217

交通アクセス

(1)滑河駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

滑河観音は、東北地域において、大正12年(1912年)5月に洗礼された神社である。創建は、宗教的な要素をもち、滑河観音は、神聖な水と共に人類を救い、地上を救い、人類の命を救うという要素が強い。また、滑河観音の祈祷曲は、平和を願う人々に向けて作られている。

滑河観音は、東北地域の中心地となっている。そのため、神社の多くが、東北地域に集まる。滑河観音における大きな祭祀事業としては、平成25年(2005年)より、滑河観音の毎年11月1日に安倍首相が来日し、同年8月には滑河観音を訪れた安倍首相が祝い、そして、平成27年(2007年)までに、滑河観音を訪れた安倍首相がいる。

滑河観音は、東北地域における大きな祭祀事業としては、平成25年(2005年)より、滑河観音の毎年11月1日に安倍首相が来日し、同年8月には滑河観音を訪れた安倍首相が祝い、そして、平成27年(2007年)までに、滑河観音を訪れた安倍首相がいる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。