なで牛

なで牛の地図情報☜

なで牛(なでうし)は、日本の民間信仰における風習の一つで、特定の神社や寺院において、牛をなでることで縁起を担ぐ行為を指します。

「なで牛」として知られる場所の一つに「牛島神社(うししまじんじゃ)」があります。この神社は、神奈川県横浜市にある神社で、牛を祭神として祀っています。牛島神社では、参拝者が祭壇にいる牛をなでることができることで知られています。

このような風習は、豊作や商売繁盛、家族の健康などを祈願するために行われることが多いです。牛は昔から農作業に欠かせない存在であり、それゆえに神聖視されてきました。

なお、各地には異なる形態の「なで牛」が存在し、地域や信仰の文化によって異なる儀式が行われています。

牛島神社内“なで牛”は、自分の悪い部分をなでて、牛の同じ部分をなでると病が治ると信仰されている。

 

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒131-0033
東京都墨田区向島1-4-5(牛嶋神社境内)電話番号
交通アクセス (1)東武伊勢崎線業平橋駅から徒歩で7分

すべての基本情報を見る

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。