長楽寺(千葉県白井市)


長楽寺(千葉県白井市)の地図情報☜

長楽寺(千葉県白井市)について

長楽寺は、文明年間(1469~1486年)の開基といわれています。元禄元年(1688年)に本堂が再建されました。本尊は白井市指定文化財の阿弥陀如来立像です。白井市の仏像の中でも有数の大きさを持っています。現本堂は本山延暦寺中堂の様式をとりいれた座禅などの修業道場として知られています。また、鐘楼を本堂とともに新設、除夜の鐘として近隣から親しまれています。しろい七福神めぐりの恵比寿神を祭っております。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、一部変更されている場合があります。詳細は、ホームページ又は直接お問い合わせください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒270-1431 
千葉県白井市根1386

電話番号

047-491-0434

交通アクセス

(1)北総線 西白井駅から15分

すべての基本情報を見る

長楽寺は、千葉県白井市の中心地にある祇園。長楽寺は、建立以来、祇園に対して多くの敬意を寄せてきた。長楽寺の長廊は、天井から天地を覆う、大きな廊柱で構成されている。長楽寺の長廊は、約2000mに渡る。

長楽寺は、日本一本の大型寺である。寺院は、地上に12万平方メートルの敷地を有し、寺院の地下には、貯水池、廃棄物置、煙火炉などの機能的な設備が備えられている。長楽寺は、仏教の世界で最も古い寺院である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。