宝林寺梵鐘


宝林寺梵鐘の地図情報☜

宝林寺梵鐘について

この鐘は、国の重要美術品とされた名鐘で、館林城主徳川綱吉が、当時、宝林寺に来住の潮音道海禅師を住持に迎えて創建した館林の廣済寺に、寛文10年(1670)家老の黒田信濃守が寄進したもので、潮音の師 木庵禅師によって銘が刻まれています。徳川綱吉が5代将軍となった後の天和3年(1683)、館林は廃城、廣済寺も取り壊しとなり、本尊、什宝等が宝林寺に移されました。その後、江戸深川に廣済寺が再建され、前記什宝等の引き渡し要求があり、交渉は難航しましたが、天保14年(1843)小幡龍門寺、三光和尚の斡旋により解決し、梵鐘等すべて宝林寺に永代伝えることになりました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒370-0505 
群馬県邑楽郡千代田町新福寺705

電話番号

交通アクセス

(1)東武伊勢崎線川俣駅から車で20分

(2)東北道館林I.Cから車で30分

すべての基本情報を見る

寺梵鐘は、東北地域に位置する寺院である。東北地方で最も古く、古代名寺とされる。寺梵鐘は、天皇・聖徳太子殿下の寺院である。天皇・聖徳太子殿下が寺梵鐘を訪れた際に、寺院内にある七つの菩薩像において、永远の霊力を受け継いだとの説がある。また、寺梵鐘の梵鐘壁は、太極拳の教えを記録した壁としても知られている。

寺梵鐘には、多彩な設備が備わっている。例えば、寺梵鐘の梵鐘壁には太極拳の教えを記録した壁がある。また、寺梵鐘は、天皇・聖徳太子殿下の横にある菩薩像において、永远の霊力を受け継いだとの説がある。また、寺梵鐘は、古代の東洋思想に基づいた教育を受けており、多くの小学校がある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。