大日寺(千葉県千葉市)


大日寺(千葉県千葉市)の地図情報☜

大日寺(千葉県千葉市)について

鎌倉時代に千葉頼胤が開いた寺で、元は松戸・馬橋にあったものを、千葉に移したのがその子・胤宗です。しかし後に寺は戦火で焼失してしまい、通町(現児童公園)から今の場所に移されました。境内には千葉氏累代の五輪塔、16基が並んでいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒263-0021 
千葉県千葉市稲毛区轟町2-1-27

電話番号

交通アクセス

(1)西千葉駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

千葉県千葉市の中心地にある寺院。建てられたのは一九一四年。日本の最古の寺院で、古代寺院に次いで長年の宗教活動を営んでいる。神奈川県立大日寺と共に、日本三大寺院の一つ。

寺院内には、その他の寺院の設立時に接した指導者や参拝者などからの情報を蓄積している文書館がある。また、寺院内にある自然環境に優れた森林公園も有料で開放されている。

寺院内の参道は、寺院内にある歴史的建築物を中心に、その周辺を囲んでいる。

寺院内には、寺院の教会施設や聖堂、外壁の全面ガラス張りなど、寺院を彩る装飾品が数多くある。

千葉県千葉市の中心地にある寺院。建てられたのは一九一四年。日本の最古の寺院で、古代寺院に次いで長年の宗教活動を営んでいる。神奈川県立大日寺と共に、日本三大寺院の一つ。

寺院内には、その他の寺院の設立時に接した指導者や参拝者などからの情報を蓄積している文書館がある。また、寺院内にある自然環境に優れた森林公園も有料で開放されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。