観音教寺(芝山仁王尊)


観音教寺(芝山仁王尊)の地図情報☜

観音教寺(芝山仁王尊)について

芝山仁王尊の呼び名で親しまれる観音教寺は、天應元年(781年)に創建された県内有数の古刹。仁王門に奉安される仁王尊像は『火事・泥棒除けのお仁王様』として古くから親しまれているほか、境内には県の有形文化財に指定されている三重塔など伽藍が建ち並びます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-1619 
千葉県山武郡芝山町芝山298

電話番号

0479-77-0004

交通アクセス

(1)圏央道 松尾・横芝ICから車「で5分

(2)芝山千代田駅・JR松尾駅からふれあいバスで20分(「芝山仁王尊」下車)

すべての基本情報を見る

芝山仁王尊は、大正10年(1912)に活躍した音楽教寺です。

当時、大正8年(1911)に北海道・札幌に移住していた音楽家、加藤陽一氏が、仁王尊の地で演奏をしていたことから、仁王尊尊者と呼ばれるようになりました。

加藤氏は、ただ音楽を楽しんだだけではなく、仁王尊尊者の信仰を受け入れ、それを実践していました。

そのため、仁王尊尊者と呼ばれるようになりました。

仁王尊尊者は、音楽を通して、人々を平和と安全に保ち、霊性を引き出してくれました。

そのため、音楽を奏でることで、人々の心を動かし、その心を満たしてくれると言われています。

仁王尊尊者は、大正10年(1912)に活躍した音楽教寺です。当時、大正8年(1911)に北海道・札幌に移住していた音楽家、加藤陽一氏が、仁王尊の地で演奏をしていたことから、仁王尊尊者と呼ばれるようになりました。加藤氏は、ただ音楽を楽しんだだけではなく、仁王尊尊者の信仰を受け入れ、それを実践していました。そのため、仁王尊尊者と呼ばれるようになりました。仁王尊尊者は、音楽を通して、人々を平和と安全に保ち、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。