妙印山妙光寺


妙印山妙光寺の地図情報☜

妙印山妙光寺について

祖師堂本尊は「肉鬚祖師」といわれる日蓮像。寺宝も多い。妙印山妙光寺は、400~500の檀家を有し、多古音頭にも歌われる多古町最大の日蓮宗の寺院。弘安中期に日蓮上人の高弟日朝が創建したと伝えられています。妙光寺は多古居射のほか島、唐竹にもありますが、いずれも日朝によるものと伝えられ、これらを下総三妙寺と称します。もともとは、染井原、小井戸の付近にあり、のちに居射に移ったと言われています。多古由来記には、寛永4年(1627)に江戸谷中(現:文京区)の報恩寺の堂を移して寺堂としたそうで、現在の堂は享保14年(1729)の建立と記されています。元禄4年(1691)には水戸光圀が参詣。宝暦4年(1754)になると葵の紋章を使うことを許されました。山門前大題目塔は宝暦9年(1759)、大常夜燈は寛永2年(1849)の建立と、いずれも長い時間を経てきた貴重なものです。昭和35年には大原内の妙見堂から中世、多古地方を支配した千葉氏一族の守護神である妙見像が移されました。兜をいただき、甲冑をつけて刀印を結ぶ勇ましい武装形で、目を大きくこらした形相は力強さを感じさせます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2241 
千葉県香取郡多古町多古2550

電話番号

0479-76-2920

交通アクセス

(1)成田駅からバスで40分(八日市場行 多古新町下車 徒歩10分 多古行 消防署下車 徒歩3分)

(2)芝山千代田駅からバスで20分(多古行・山倉行 多古新町下車 徒歩10分)

すべての基本情報を見る

妙印山妙光寺は、東北地方にある妙印寺として知られている。山中には妙印山と、妙光寺があり、それぞれの山の上には華やかな寺院が建てられている。

妙印寺は、現在、国道218号線の「森下町」から歩いて、約2 kmほどすると到着し、山の中にある。山頂には、妙印山と妙光寺の共に、大きな寺院が建てられている。

妙印山は、約1,470 mにも達する高地にある。山の中には、華やかな寺院が多数建てられている。妙印山には、妙印寺の左腕にある妙光寺もある。

妙印寺は、南北朝鮮戦争における戦場で使用された砲弾で被害を受けた。当時、妙印寺の寺院内には、戦闘機が飛んできた際に、大きな砲弾を撃ち込まれた。

妙光寺は、天皇陛下が行った、1989年3月30日に行われた、東日本大震災復興支援のための誕生日行事である。

妙印山妙光寺では、東北地方でも最も美しい寺院の地であることを誇り、毎年、秋に妙印山を訪れる人々を寄せるための霊光の旅に出没している。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。