赤坂氷川神社


赤坂氷川神社の地図情報☜

赤坂氷川神社について

天暦5(951)年創立。現在の社殿は徳川家8代将軍吉宗の時代に造営された都重宝社殿。境内には勝海舟が名付けた四合(しあわせ)稲荷神社もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒107-0052 
東京都港区赤坂6-10-12

電話番号

交通アクセス

(1)東京メトロ赤坂駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

絵画・墨画・陶芸など幅広いジャンルの作品が展示されている赤坂氷川神社。数多くの墨水画や寺院墨画などを所蔵しているが、近年ではオリジナルグッズを手がけるなど、氷川神社の力を発揮している。

赤坂氷川神社の墨水画は、平安時代から津軽時代にかけて作られたものが多い。平安時代の道具を用いた墨水画は、美しい風景が描かれている。津軽時代には、海と森が美しい墨水画が描かれている。

赤坂氷川神社の墨水画を見ると、美しい風景を描くことができる。また、作品によっては、氷川神社の氷河をイメージしたものもある。ぜひ、赤坂氷川神社を訪れてみて欲しい。
絵画・墨画・陶芸など幅広いジャンルの作品が展示されている赤坂氷川神社。数多くの墨水画や寺院墨画などを所蔵しているが、近年ではオリジナルグッズを手がけるなど、氷川神社の力を発揮している。

赤坂氷川神社の墨水画は、平安時代から津軽時代にかけて作られたものが多い。平安時代の道具を用いた墨水画は、美しい風景が描かれている。津軽時代には、海と森が美しい墨水画が描かれている。

赤坂氷川神社の墨水画を見ると、美しい風景を描くことができる。また、作品によっては、氷川神社の氷河をイメージしたものもある。ぜひ、赤坂氷川神社を訪れてみて欲しい。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。