稲田禅房西念寺(稲田御坊)


稲田禅房西念寺(稲田御坊)の地図情報☜

稲田禅房西念寺(稲田御坊)について

親鸞聖人ゆかりの浄土真宗の聖地で、山号は稲田山。聖人は、40~60歳頃まで恵信尼公や子供たちと家庭生活を稲田で営み、『教行信証』を書き始めました。この地は、聖人の関東布教の拠点でありました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒309-1635 
茨城県笠間市稲田469

電話番号

交通アクセス

(1)稲田駅から徒歩15分または北関東道笠間西インターより車で5分

すべての基本情報を見る

稲田禅房西念寺は、稲田御坊の山頂に位置する寺院で、禅宗の教えを受けている。

参道には、雪の花を配した立派な柳が並んでいる。

寺院内には、和装で城陽の眺めを満喫できる「桜吹き堂」があり、平日のみ開放される。

寺院の中央には、清水寺の大黒柱「大黒柱」が建てられている。

寺院内には、多くの資料が保存されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。