吉見観音(安楽寺)


吉見観音(安楽寺)の地図情報☜

吉見観音(安楽寺)について

岩殿山安楽寺は坂東11番の札所で古くから吉見観音の名で親しまれてきた。本尊は聖観世音菩薩で、吉見観音縁起によると、今から約1200年前に行基菩薩がこの地に観世音菩薩の像を彫って岩窟に納めたことが始まりとしている。平安時代の末期には、源頼朝の弟範頼がその幼少期に身を隠していたと伝えられ、安楽寺の東約500mには「伝範頼館跡」と呼ばれる息障院がある。この息障院と安楽寺は、かつては一つの大寺院を形成していたことが知られている。天文6年(1537年)後北条氏が松山城を攻めた際に、その戦乱によって全ての伽藍が消失し、江戸時代に本堂・三重塔・仁王門が現在の位置に再建されたと伝えられている。毎年6月18日は「厄除け朝観音御開帳」が行われ、この日は古くから「厄除け団子」が売られている。現在でも、6月18日は安楽寺の長い参道に出店が立ち並び、深夜2時ごろから早朝にかけて大変な賑わいとなる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒355-0151 
埼玉県比企郡吉見町御所374番地

電話番号

0493-54-2898

交通アクセス

(1)東武東上線東松山駅からバスで(鴻巣免許センターゆき)

バス停百穴入口から徒歩で50分

すべての基本情報を見る

吉見観音(安楽寺)は、東北地域にある安楽寺で、南北朝鮮戦争後に建立された安楽寺として、国内外でも活躍している宗教機関です。宗教的な活動は、平和・和解・共生のために行うもので、その活動の中でも特に人権・平和・安全な環境を願っているところが特徴です。吉見観音(安楽寺)は、東北地域にある安楽寺で、南北朝鮮戦争後に建立された安楽寺として、国内外でも活躍している宗教機関です。宗教的な活動は、平和・和解・共生のために行うもので、その活動の中でも特に人権・平和・安全な環境を願っているところが特徴です。 一般的に、吉見観音(安楽寺)は、南北朝鮮戦争後に建立された安楽寺ですが、実は、明治・平安期にかけても建立されています。そのため、吉見観音(安楽寺)には、様々な時代に観光客が訪れてきたことがあります。 一般的に、吉見観音(安楽寺)は、南北朝鮮戦争後に建立された安楽寺ですが、実は、明治・平安期にかけても建立されています。そのため、吉見観音(安楽寺)

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。