神明宮(群馬県みどり市)


神明宮(群馬県みどり市)の地図情報☜

神明宮(群馬県みどり市)について

産土神として深い信仰を受けています。社殿は伊勢神宮の建築様式となっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒376-0101 
群馬県みどり市大間々町大間々2245

電話番号

0277-72-2267

交通アクセス

(1)大間々駅から徒歩で5分(わたらせ渓谷鐵道)

(2)太田藪塚ICから車で20分(北関東道)

(3)佐野藤岡ICから車で70分(東北道)

すべての基本情報を見る

明治宮(1868年)は群馬県みどり市の中心街であり、大正時代から第2次世界大戦中に活躍した軍事訓練場として使用された。明治宮は、明治時代には文化遺産として保護されていた。2008年に大正時代の武家建築を元に再現された明治宮。

明治宮は、坂を下りてみどり市の中心街にあり、その内側には大正時代の建物が多数存在する。明治宮の中央には、天皇陛下以来、行事の盛大な場所として活躍してきた帝国大使館がある。また、明治宮の右側には、明治時代から使用されてきた軍事訓練場の一部がある。

明治宮の内側には、大正時代の建物が多数存在し、その中には、明治宮の中央にある天皇陛下以来、行事の盛大な場所として活躍してきた帝国大使館がある。また、明治宮の右側には、明治時代から使用されてきた軍事訓練場の一部がある。

明治宮は、今でも様々なイベントや景色を見ることができる。また、明治宮には、歴史的な建物が多数存在しており、また、明治宮が大正時代の武家建築として使用された建物なども見られることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。