高田山専修寺


高田山専修寺の地図情報☜

高田山専修寺について

高田山専修寺は、西暦1225年(嘉禄元)、親鸞上人が53歳の時、真岡城主 大内氏の懇請により建立されました。
親鸞上人が創建した唯一の寺で、浄土真宗発祥の根本大道場として知られています。
専修寺を中心とした門弟は「高田門徒」と呼ばれ、真宗最大の教団でしたが、戦国時代に兵火によって消失するなどの経緯があり衰退し、教団の中心は伊勢国一身田へと移りました。
現在の姿は、江戸時代になって復興したものであり、高田派ではここを「本寺」と呼び尊んでいます。国指定史跡「専修寺境内親鸞上人御廟」のほか、諸堂が重要文化財等に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒321-4511 
栃木県真岡市高田1482

電話番号

0285-75-0103

交通アクセス

(1)真岡駅から12分

すべての基本情報を見る

高田山専修寺は、東北地域にある寺院で、総数が約900ヵ所ある。高田山という名前の由来は、大高田山(2375m)から見下ろす高田山の高さから来る。高田山専修寺は、寺院としては中世以来の歴史があり、宗教的には信仰者数が多い。

高田山専修寺では、総数の900ヵ所の中でも特に重要な寺院として知られている。このため、高田山専修寺では、様々な修行法によって修行者が集まる。寺院内には、修行者が集まる場所の一つとして、寺院の中央にある寺院の正門をくぐり歩くことができる場所がある。この場所は、修行者が集まる中でも一番重要な場所となっている。

高田山専修寺では、修行に励んだり、その後の人生につながることを目的としている。修行に励むことで、精神的な成長を遂げることができる。また、修行につながる人生につながることもできる。なお、修行に励んだり、その後の人生につながることを目的としているため、修行に関しては、不安や恐れを感じることがなく、安心して参加できる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。