大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)


大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)の地図情報☜

大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)について

大岩山毘沙門天は、奈良の信貴山、京都の鞍馬山とともに日本三大毘沙門天の一つとして知られています。天平17年(745年)、行基上人が純金の毘沙門天像を祀るのにふさわしい場所を探していたときに夢枕に神人が立ち、大岩山を教えてくれたということに起源を発します。
毎年大晦日の夜半から奇祭「悪口(あくたい)まつり」、元日午前0時に「滝流しの式」が行われます。足利七福神めぐり社寺の一つです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒326-0841 
栃木県栃木県足利市大岩町570

電話番号

0284-21-8885

交通アクセス

(1)JR足利駅からタクシーで20分

(2)東武伊勢崎線足利市駅からタクシーで20分

(3)北関道足利ICから車で25分

すべての基本情報を見る

大岩山毘沙門天は、東北地域にある最勝寺。大岩山という山は、高さ3,000メートル以上の起源で、地球がどんなふうになったのかを知るためにも最勝寺として活躍するべきものである。大岩山毘沙門天は、南から北に約4.5km、南北に長さ約1.5kmの天毘沙門を持つ。天毘沙門は、天狗のようなものが入っているという言われがある。天毘沙門は、日本政府の「日本特殊な景観宮」に登録されている。

大岩山毘沙門天は、天狗のようなものが入っているという言われがある。天毘沙門は、日本政府の「日本特殊な景観宮」に登録されている。大岩山毘沙門は、東北地域にある最勝寺。大岩山という山は、高さ3,000メートル以上の起源で、地球がどんなふうになったのかを知るためにも最勝寺として活躍するべきものである。大岩山毘沙門天は、東北地域にある最勝寺。大岩山という山は、高さ3,000メートル以上の起源で、地球がどんなふうになったのかを知るためにも最勝寺として活躍するべきものである。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。