五百羅漢寺


五百羅漢寺の地図情報☜

五百羅漢寺について

江戸の元禄時代に松雲元慶禅師によって本所五ツ目(現在の江東区大島)に創建され、明治41年に現在の場所に移転しました。当初作られた500体以上の羅漢(聖者の意)像は305体に減りましたが、昭和56年に近代的なお堂が完成し、祀られています。
また、広島で被爆し、倒れた新劇の移動劇団さくら隊(丸山定夫以下8名)の霊を慰めるための建碑である、原爆殉難碑が建てられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00 無休

所在地 〒153-0064 
東京都目黒区下目黒3-20-11

電話番号

03-3792-6751

交通アクセス

(1)目黒駅から徒歩で12分

(2)東急目黒線不動前駅から徒歩で8分

すべての基本情報を見る

京都府京都市下京区南堀江町5-1-1

建物の歴史

この寺は、明治1868年に京都市下京区南堀江町に建立された。

寺の名称は、大正11年に寺院法人の名称を「百羅漢寺」として、寺院法人の百羅漢寺としての名称を改めたもの。

寺院法人は、大正11年(1912年)3月に寺院法人の名称を「百羅漢寺」として、寺院法人の主体となった。

寺院法人は、大正12年(1920年)2月に寺院法人の百羅漢寺の名称を「京都百羅漢寺」として、寺院法人の主体となった。

寺院法人は、大正12年(1920年)6月に寺院法人の百羅漢寺の名称を「京都百羅漢寺」として、寺院法人の主体となった。

京都百羅漢寺は、昭和14年(1948年)に寺院法人の百羅漢寺として幕末時代に建立された寺院である。

寺院は、寺院法人が建立したものである。

寺院内には、長堀寺、左堀寺、右堀寺、朝堀寺、夜堀寺、大左堀寺、小左堀寺、南堀寺、北堀寺、西堀寺、南北堀寺、和田堀寺がある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。