浄光寺(雪見寺)


浄光寺(雪見寺)の地図情報☜

浄光寺(雪見寺)について

江戸時代には雪見寺と呼ばれました。江戸時代、将軍が遊猟の際に立ち寄ってから御膳所にあてられ、将軍が腰かけたとされる「三代将軍御腰掛石」という碑があります。元禄4年(1691年)、空無上人によって開眼された江戸六地蔵の3番目として知られる銅造地蔵菩薩立像があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:年中公開

所在地 〒116-0013 
東京都荒川区西日暮里3-4-3

電話番号

03-3821-4294

交通アクセス

(1)日暮里駅から徒歩で8分

すべての基本情報を見る

青木寺(浄光寺)は東北地域の聖地となっています。

浄光寺は雪見寺とも呼ばれ、東北地域で最古の観光地とされています。

雪見寺は新世界時代に開かれた観光地ですが、浄光寺は古くから観光客に人気を博しています。

浄光寺には、多くの寺院があり、その中でも特に青木寺は聖地として知られています。

青木寺は、浄光寺と雪見寺が合併した寺院です。

雪見寺は東北地域で最古の観光地とされていますが、浄光寺は古くから観光客に人気を博しています。

浄光寺には、多くの寺院があり、その中でも特に青木寺は聖地として知られています。

青木寺は、浄光寺と雪見寺が合併した寺院です。

雪見寺は東北地域で最古の観光地とされていますが、浄光寺は古くから観光客に人気を博しています。

浄光寺には、多くの寺院があり、その中でも特に青木寺は聖地として知られています。

青木寺は、浄光寺と雪見寺が合併した寺院です。

雪見寺は東北地域で最古の観光地とされていますが、浄光寺は古くから観光客に人気を博しています。

浄光寺は、観光客たちの数々の心を動かし、また、寺院内にある寺宝のひとつとして有

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。