祥雲寺(東京都豊島区)


祥雲寺(東京都豊島区)の地図情報☜

祥雲寺(東京都豊島区)について

明治39年、小石川より移転された曹洞宗のお寺で、本尊は薬師如来。境内には、首斬り浅右衛門の名で知られる山田浅右衛門の碑があります。山田家の本業は、徳川家刀剣類御試し御用でしたが、罪人の首を斬る同心の代役も勤めていたとか。本堂の奥には、漫画家の石ノ森章太郎のお墓もあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都豊島区池袋3-1-6

電話番号

03-3984-2408

すべての基本情報を見る

寺院は、建てられたのは元年、1396年である。模様は、三日月の彗星の輝きをイメージしている。寺院内には、小さな清水寺と長い聖地の間にある。

聖地の長さは、2kmと言われている。寺院の中央には、山がある。山の上には、大きな寺院がある。寺院の内部には、約200の寺院がある。

寺院は、元年、天皇が、祥雲寺を訪れた際に、寺院内の大きな清水寺に即して、建てられたという。

天皇が訪れた際に、清水寺の地下にある洞窟で、寺院の下部にある清水の水を汲み、清水寺の地下における寺院の施設を固めたという。

祥雲寺は、日本の多くの寺院に次いで、多くの寺院に参拝されている。

祥雲寺は、地元の人々が、寺院の中に住むことを求めて、建てられた。寺院内には、祥雲、大聖天、南天三位神など、多くの神が建てられている。

祥雲寺は、日本の神道における重要な寺院である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。