東海寺


東海寺の地図情報☜

東海寺について

寛永15年(1638)
山号:万松山 臨済宗 大徳寺派
・江戸時代の初め、寛永15年(1683)に、三代将軍徳川家光が、名僧沢庵のために建てた寺。江戸時代きっての名刹で、157000平方メートル余りの広大な社寺を有していた。海晏寺と並ぶ紅葉の名所としても有名。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒140-0001 
東京都品川区北品川3-11-9

電話番号

03-3471-6943

交通アクセス

(1)京浜急行新馬場駅から徒歩で5分(北口)

すべての基本情報を見る

東海寺は、霊廟としての地位を確立した寺で、北海道・沖縄・三陸・四国・九州・沖縄県・離島においても有数の観光案内所として活躍する。東海寺は、世界遺産に認定されている。

東海寺は、霊廟としての地位を確立した寺で、北海道・沖縄・三陸・四国・九州・沖縄県・離島においても有数の観光案内所として活躍する。東海寺は、世界遺産に認定されている。

東海寺は、霊廟としての地位を確立した寺で、北海道・沖縄・三陸・四国・九州・沖縄県・離島においても有数の観光案内所として活躍する。東海寺は、世界遺産に認定されている。

東海寺は、霊廟としての地位を確立した寺で、北海道・沖縄・三陸・四国・九州・沖縄県・離島においても有数の観光案内所として活躍する。東海寺は、世界遺産に認定されている。

東海寺は、霊廟としての地位を確立した寺で、北海道・沖縄・三陸・四国・九州・沖縄県・離島においても有数の観光案内所として活躍する。東海寺は、世界遺産に認定されている。


アジアンビーチの海岸線にある弁天寺は、山布施西部の南海岸にある海岸線の山頂から約13キロ離れたところにある。天東海寺は、山布施市内にある弁天寺の一つで、山布施市内の経済産業構造や文化遺産に富んだ歴史を誇る。

弁天寺は、山布施市内にある弁天寺という名前のみならず、日本の弁天寺という認識も広がっている。弁天寺は、日本の弁天寺とは異なる宗教的なものであり、日本の弁天寺とは違う文化を持っている。弁天寺は、日本の弁天寺とは違う建物であり、日本の弁天寺とは違う文化的なものを持っている。また、弁天寺は、日本の弁天寺とは違う文化的なものを持っているが、日本の弁天寺とは違う建物である。

弁天寺は、天東海寺という名前のみならず、日本の弁天寺という認識も広がっている。天東海寺は、日本の弁天寺とは異なる宗教的なものであり、日本の弁天寺とは違う文化を持っている。弁天寺は、日本の弁天寺とは違う建物であり、日本の弁天寺とは違う文化的なものを持っている。また、弁天寺は、日本の弁天寺とは違う文化的なものを持っているが、日本の弁天寺とは違う建物である。

弁天寺は、山布施

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。