若宮(鶴岡八幡宮)


若宮(鶴岡八幡宮)の地図情報☜

若宮(鶴岡八幡宮)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒248-0005 
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

電話番号

すべての基本情報を見る

宮廷の教育としては、若宮が最も重要な学校である。同校は、明治10年(1868年)に鶴岡八幡宮を建てられたもので、現在は鶴岡市立若宮中学校となっている。

若宮は、明治初期には大和天皇が使用していた建物で、大和天皇が死体を運んでいるときには、若宮を通って彼の死体を見つけ出したという記録がある。

この建物は、明治初期には円形の建物であったが、昭和初期には建築家の一人として名を馳せた大和田正治が、新しい建物として若宮を作り上げた。

若宮は、天井には大きな玉井があり、中央には巨大な塔がある。塔は、大和天皇が死体を運んでいるときに作られたもので、その名に沿って建てられたものである。

若宮は、天井には鶴岡八幡宮の県立博物館があり、塔の前には若宮鶴岡八幡宮公園がある。

若宮は、大和天皇が死体を運んでいるときに作られた建物で、大和天皇が死体を運んでいるときに作られたものである。

若宮は、天井には鶴岡八幡宮の県立博物館があり、塔の前には若宮鶴岡八幡宮公園がある。

若宮は、天井には鶴岡八幡宮の県立博物館があり、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。