三光院(東京都東大和市)


三光院(東京都東大和市)の地図情報☜

三光院(東京都東大和市)について

天永元年(1110)に建立されたお寺で、以前は下貯水池の取水塔付近にありました。
市内では、徳川家から土地を与えられた唯一の寺院で、寺領3石と境内1万坪を持っていました。現在でも、徳川氏の発給した12通の朱印状が残されており、市の文化財となっています。阿弥陀如来坐像、釈迦誕生仏立像など、江戸時代のものと思われる仏像が残されています。
狭山三十三観音 第16番目の札所。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒207-0004 
東京都東大和市清水4-1132

電話番号

交通アクセス

(1)西武線武蔵大和駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

光院は東京都東大和市にある大学。学生は全国から集まる。院内には教室や講義室、研究機構などが整備されている。

大学院生は、学士号を持っていなければ受講できないが、研究科に入学することができる。研究を通じて独創性や创造性を発揮するため、多様な研究テーマに挑戦している。

また、光院は世界一のオンライン学習システムである「プライベートライブラリー」(PLB)に加入している。学生が自由に学習に取り組んでいることで、多くのコミュニケーションスキルが身につく。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。