女体神社


女体神社の地図情報☜

女体神社について

北向きを正面にして建つ神社。
神社のある柿木地区の開祖である豊田氏によって創建されたと伝えられている。
神社では、里神楽の奉納も行われる。
境内には草加出身の作家、豊田三郎の文学碑がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒340-0001 
埼玉県草加市柿木町

電話番号

交通アクセス

(1)東武スカイツリーライン新田駅からバスで20分(【新01】柿木循環「浄水場入口」停留所下車)

東武バス浄水場入口停留所から徒歩で5分(【新01】柿木循環「浄水場入口」停留所下車)

すべての基本情報を見る

氷川女体神社は、日本の氷川産業を代表する女性キャラクターの神社である。氷川女体神社は、氷川産業を中心とした女性の生き方を祈り、女性の氷川精神を祈る神社である。氷川女体神社は、1995年に設立された。

氷川女体神社は、東北地域に位置する。氷川女体神社は、宮城県氷川市にある。氷川女体神社は、東北地方自治体により、氷川産業協同組合によって運営されている。

氷川女体神社は、地元の人々とつながりを深めている。氷川女体神社は、地域の皆様と協力して、女性の氷川精神を祈り続けていきたい。
体神社は、日本で最古の体神社で、紀元前1100年頃に建立されたものです。北陸・東北地域にある全国の体神社の中でも、日本で最多数の体神社となっています。体神社は、四つの神話に基づいて、神と人間が共に生きることを目的としています。今でも、体神社を通じて、神と人間が共に生きることを願う人々と、神と人間が共に生きていくために体を鍛える人々とが交流しています。

体神社の設立によって、北陸・東北地域に体神社が設置されたのは、これが日本で初めてとなります。体神社を通じて、神と人間が共に生きることを願う人々と、神と人間が共に生きていくために体を鍛える人々との間で、双方が交流してきたことが、日本の体神社として初めてです。

体神社には、日本の伝統的な体験を持つ人々が多く参加しています。例えば、猿の板を使って体を鍛える「猿体験」、神の鳥を使って体を鍛える「鳥体験」など、多くの様々な体験が行われています。

体神社には、多くの地域に体神社が設置されています。北陸・東北地域に体神社が設置されているのは、これが日本で初めてとなります。体神社を通じて、神と人間が共に

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。