正宗寺(茨城県常陸太田市)


正宗寺(茨城県常陸太田市)の地図情報☜

正宗寺(茨城県常陸太田市)について

萬秀山正法院と号する寺院で、延長元(923)年に平将門の父良将が創建。創建当初は勝楽寺と号し、律宗で奉仕されていました。その後、貞王2(1223)に佐竹氏4代秀義が勝楽寺の境内に正法院を、暦応4(1431)年に9代貞義の子である月山周枢が師の夢窓疎石を招き、同じ寺院内に正宗庵を創建。10代義篤が正宗庵を臨済禅刹に改めて正宗寺としました。勝楽寺と正法寺は後の争乱によって衰えましたが、正宗寺は佐竹氏の菩提所として、関東十刹の一つに挙げられるまでに繁栄。徳川の時代にも朱印100石を受け、12の末寺を有するまでになりました。境内は約5,300平方m、堂宇は本堂、庫裏、総門などを備えていましたが、天保9(1838)年に総門の一部を残して焼失。現在の庫裏と本堂は、それぞれ天保10(1839)年と明治3(1870)年に再建されたものです。寺伝では慈覚大師の作とありますが、様式から鎌倉時代に建造されたものとみられています。本尊の木造十一面観音菩薩坐像をはじめ、多くの寺宝が茨城県や常陸太田市の文化財に指定されています。
また、寺の参道左側には、市の天然記念物に指定されているビャクシンがあり、境内には佐竹氏代々の墓と伝えられる宝篋印塔や、「助さん」のモデルとされる佐々宗淳の墓があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒313-0008 
茨城県常陸太田市増井町1513

電話番号

0294-73-0897

交通アクセス

(1)常陸太田駅からバスで15分

(2)那珂ICから車で30分(国道349号線)

(3)日立南太田ICから車で25分(国道293号線)

すべての基本情報を見る

寺院は、明治天皇が築き上げたもの。1868年に茨城県太田市にて建てられた。

寺院内には、天皇朝の神社として栄えた茨城県の名勝山神社もある。

寺院内には、天皇朝の茨城県正宗寺として栄えた茨城県の三宝寺もある。

寺院内には、茨城県正宗寺の茨城県正宗寺内にある三宝寺の中でも、茨城県正宗寺の茨城県正宗寺内にある寺院『茨城県正宗寺三宝寺』が最も古く、1868年に建てられた。

茨城県正宗寺三宝寺内には、天皇朝の茨城県正宗寺として栄えた茨城県の三宝寺と、茨城県正宗寺の茨城県正宗寺内にある寺院『茨城県正宗寺三宝寺』が最も古く、1868年に建てられた。

寺院は、天皇朝の神社として栄えた茨城県の名勝山神社もある。

寺院内には、天皇朝の茨城県正宗寺として栄えた茨城県の三宝寺もある。

寺院内には、茨城県正宗寺の茨城県正宗寺内にある三宝寺の中でも、茨城県正宗寺の茨城県正宗寺内にある寺院『茨城県正宗寺三宝寺』が最も古く、1868年に建てら

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。