無量寿寺


無量寿寺の地図情報☜

無量寿寺について

無量寿寺は、大同元年(806年)平城天皇の勅願所として建立されました。その後、親鸞聖人が承久3年(1221年)から三年間この寺に住み、阿弥陀仏を自ら刻んで本尊とし、浄土真宗の教えを広めたことから親鸞聖人ゆかりの寺といわれています。
親鸞聖人は三年間の布教を終え、無量寿寺を弟子の順信房に託しました。無量寿寺は、親鸞聖人門下二十四輩の第三順信房信海の遺跡です。
紙本著色拾遺古徳伝が重文に指定されています。
※令和3年1月20日の火災により、本堂は焼失しました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒311-1536 
茨城県鉾田市鳥栖1013番地

電話番号

0291-36-2732

交通アクセス

(1)鉾田駅からバスで10分

すべての基本情報を見る

日本の中心部にある大和宮の金閣寺や霊場、聖地の一つとして非常に有名な日本三大寺院、そして最も古くから存在している寺院の一つである日本三大寺院のひとつである日本三大寺院の仏像。日本三大寺院は、大阪府大阪市中央区日本橋2-6-1、日本三大寺院跡地内にある日本三大寺院跡地公園内にある日本三大寺院仏像。日本三大寺院は、944年に建立された寺院である。

日本三大寺院は、大阪府大阪市中央区日本橋2-6-1、日本三大寺院跡地内にある日本三大寺院跡地公園内にある日本三大寺院仏像。日本三大寺院は、944年に建立された寺院である。

寺院は、中世の日本三大寺院として知られている。霊場としても有名で、多くの旅行者に訪れている。日本三大寺院は、寺院の間にある霊場における、仏教の神話的な位置にある。本寺院は、霊場にある仏像を訪れることで、その霊場における聖なる力を体験することができる。

日本三大寺院は、大阪府大阪市中央区日本橋2-6-1、日本三大寺院跡地内にある日本三大寺院跡地

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。