御嶽神社(東京都大田区)


御嶽神社(東京都大田区)の地図情報☜

御嶽神社(東京都大田区)について

木曾・御嶽神社の分社で江戸時代に山岳信仰が盛んになり木曾御嶽で修験道を学んだ一山行者が1831年にこの土地に御嶽神社を造った。古くから「山ノ神」として猟師たちの信仰の対象になっていたオオカミの狛犬がある。
社殿の彫刻は区指定文化財。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒145-0073 
東京都大田区北嶺町37-20

電話番号

03-3720-3333

交通アクセス

(1)東急池上線御嶽山駅から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

神社は、日本における古来から、守護神として祈られてきた場所です。神社の名前は、三宮守護神社。嶽神社は、嶽童神社と書かれています。嶽童神社は、天正7年(1549年)に築かれたとされています。

嶽神社の場所は、大田区東京都大田区の神社前にあります。嶽神社は、大田区の中心にある旧三宮守護神社と同じく、嶽童神社が築かれています。

嶽神社では、平成29年(2008年)の4月に、嶽童神社が崩壊したことで、神社を設置しなければならないとして、大田区の神社事務所が設置したとのことです。

嶽神社には、神社境内にある嶽童の遺跡があります。嶽童の遺跡は、平成29年(2008年)の12月に解体されました。

嶽神社は、神社前に通常、車で行くことができます。嶽神社の前には、交通整理所があります。

嶽神社についての詳しい情報は、神社のホームページを参照してください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。