大円寺ほうろくじぞう


大円寺ほうろくじぞうの地図情報☜

大円寺ほうろくじぞうについて

慶長2年(1597)開創 はじめ神田柳原にあったが、 慶安2年現在地に移り久しく「駒込の大円寺」と呼ばれた。 墓域には、幕末の先覚者であり砲術家の高島秋帆・小説家であり樋口一葉を終生助けた斉藤緑雨が眠っている。 また、八百屋お七との縁のあるお寺で山門真正面にある「焙烙地蔵」は、八百屋お七ゆかりの地蔵である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒113-0023 
東京都文京区向丘一丁目11番3号

電話番号

03-3813-1321

交通アクセス

(1)東京メトロ白山駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

小野寺ほうろくじぞうは、東北地域に位置する寺です。人口は6000人以下のため、一般的には観光客ではなく寺院の観光客を中心に運営されています。小野寺は、日本国樹の伝統を受け継いだ寺で、様々な伝統文化を持つ寺院が集まります。また、寺院の前には、大円寺ほうろくじぞうがあり、大円寺ほうろくじぞうは、東北地域における最大の寺院で、観光客を中心に運営されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。