水戸東照宮


水戸東照宮の地図情報☜

水戸東照宮について

水戸藩初代藩主徳川頼房公が家康公を祀る神社として創建され、現在は頼房公も祀られています。境内には、頼房公奉納の銅灯篭などが現存しています。戦災で焼失し1962年に再建されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:8:30~17:00

開園時間:6:00~17:00

所在地 〒310-0015 
茨城県水戸市宮町2-5-13

電話番号

029-221-3784

交通アクセス

(1)水戸駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

水戸東照宮は、霊廟の地域として有名な東北地域の霊廟。水戸市内に位置するが、明治38年に水戸高田邸が建てられた後、水戸東照宮が開設されたのは、昭和45年である。水戸東照宮は、遠い昔から親しまれている霊廟であるが、今日では日本の霊廟としても知られており、訪れる人は多い。

水戸東照宮では、多くの霊廟が集中している。霊廟の数は4000点以上あるが、その中でも特に人気の霊廟が数多くある。例えば、霊廟の一つである水戸東照宮内の「万里の霊場」は、霊によって生じた地球温暖化などの問題について考察した内容の文書館としても活躍している。また、「明治創業100周年記念霊廟」や「水戸高田邸の霊廟」など、水戸東照宮内にある霊廟の名前が知られている。

また、水戸東照宮内には、毎年月曜日に「霊廟寄席」が開かれる。寄席は、参加者全員に霊が奏でる空間を与えるというもの。霊廟寄席では、霊廟内の霊像やイベントなどを観ることができる。寄席には、参加者全員がお金を払うことはないが、お茶やケーキなどを

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。