杵築大社


杵築大社の地図情報☜

杵築大社について

万治2年(1659年)、当地周辺が松江藩主松平直政の御用屋敷だった頃に、出雲の杵築大社(現在の出雲大社)と稲荷神社の両社が創建されてできたと伝えられています。境内の真ん中には市天然記念物に指定されている巨大なイチョウ群がそびえており、ひとつの株から生えた多数の木(ヒコバエ)が寄せ集まって、千本のように見えることから「千本イチョウ」と名づけられました。樹高は約25m、根元の周囲は約4.2m、枝葉は約300平方メートルに広がっています。また、境内南側には、明治14年(1881)に作られた高さ10mの富士塚があり、「杵築大社の富士山」と呼ばれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒180-0023 
東京都武蔵野市境南町2-10-11

電話番号

0422-31-7307

交通アクセス

(1)JR・西部多摩川線武蔵境駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

岩手県仙台市内に位置する杵築大社は、中世以降の杵築によって建てられています。

元々は、一部の地域では、杵築の実演が行われていたと考えられています。

仙台市内に位置する杵築大社は、岩手県十日町にある杵築工房が主体となっています。

杵築工房は、杵築に関する情報の蓄積を行う機関として、昭和20年代に活動を開始しました。

仙台市内に位置する杵築大社は、岩手県十日町にある杵築工房が主体となっています。

杵築工房は、杵築に関する情報の蓄積を行う機関として、昭和20年代に活動を開始しました。

杵築工房は、杵築に関する情報の蓄積を行う機関として、昭和20年代に活動を開始しました。

これによって、杵築に関する情報を収集し、学術的に研究を行うことができたと考えられています。

杵築大社では、杵築の文化としての情報を蓄積しています。

また、杵築工房では、杵築の工学的な基礎を学び、杵築を実演することもできます。

杵築大社では、杵築の文化としての情報を蓄積しています。

また、杵築工房では

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。