地蔵院(栃木県益子町)


地蔵院(栃木県益子町)の地図情報☜

地蔵院(栃木県益子町)について

大羽地区をおさめていた宇都宮朝綱が隠居するにあたり建立した尾羽寺の阿弥陀堂に始まると伝えられています。
室町末期の建立と推定され、側柱は角柱、内部は円柱の優美な入母屋造りとなっています。
境内にある天然記念物の糸ヒバや樹齢500年余の菩提樹も見所です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒321-4212 
栃木県芳賀郡益子町上大羽945-1

電話番号

0285-72-0813

交通アクセス

(1)【電車】真岡鐵道益子駅から15分

(2)【バス】JR宇都宮駅西口から70分((関東バス 益子行)「益子駅前」下車タクシーで約15分)

(3)【高速バス】秋葉原駅から150分((高速バス 関東やきものライナー)「益子駅」下車タクシーで約15分)

(4)【車】北関東自動車道桜川筑西ICから25分

(5)【車】北関東自動車道真岡ICから30分

すべての基本情報を見る

東北地域にある、蔵院院は、栃木県益子町にある伝統的な寺院。宗教的な役割を果たしていると言われており、幕末から昭和初期にかけては、栃木県の蔵院を中心に、日本列島のほか、香港、台湾などの旅行者も訪れた。また、昭和初頭には、日本列島の中でも、蔵院の中でも、特に高級な建物として知られていた。

蔵院院は、建物の外観は高輪建てで、天井部分は、長方形の壁を持ち、建物全体が一本の壁の形になっている。蔵院院の中にある、寺院建築物の一つである、新宿御苑の教会建築物に比べて、壁は厚く、構造は複数の角を持つ。新宿御苑の教会建築物は、壁は2本になっているが、蔵院院のほうは、壁は3本になっている。そのため、蔵院院の壁は、新宿御苑の教会建築物と比べて厚く、構造は複数の角を持つことが分かる。

蔵院院は、小さな寺院ではなく、大きな寺院であるため、建物全体に見られる建物の外観は、寺院建築物の中でも、高級なものとなっている。蔵院院の建物の外観は、新宿御苑の教

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。